仕事をする意味とは。

こんにちは、管理人です。

仕事をする意味ってなんなのだろう。

仕事をして何が得られるのだろう。

頑張ったその先に何があるのか。

を今回は考えて行きます。

1.お金を得るため

当たり前ですが生きていくにはお金が必要不可欠です。

お金を得るためには働かなくてはいけません。

働かなくても、勉強しなくても、地位やお金を最初から持っている人もいます。

ですが、ほとんどの人が最初から持っているわけではありません。

お金がないと生きていけない世界や、そんな家庭に生まれなかったことを悔やんだって仕方ありません。

働いてお金を得るしかないのです。

何をしようにもお金は必要です。

夢のマイホームや、高級車、高級時計….

結婚をするときや子供を育てるときにも。

いくらあってもお金というのは満たされることはありません。

だからこそやはり働かなければいけません。

2.やりがいや達成感を得るため


学生時代のイベント行事や、仕事でのプロジェクト。

うまく成し遂げて誰かに賞賛された時の達成感や嬉しさは誰でも一度は味わったことはあるでしょう。

仕事だけでなく、プライベートでも、何かを頑張るときには「誰かに褒められたい。」「認めてもらいたい。」自然にそう思ってしまっているはずです。

人間とは感情に弱い生き物です。

楽しいや喜びなどの感情には勝てません。

それを得た時の快感はすごいものですからね。

そんな達成した時の達成感ややりがいを求めるということも、仕事をする意味だと思います。

3.自分のスキルや能力をあげるため

必ずしも仕事でとは言えませんが、スキルアップや能力アップも仕事ではすることができます。

何かをする技術やスキルって必ずどこかで役にたつ時が来ます。

お金がもらえてスキルアップに繋がるなんて、こんないいこと他にはありません。

知識や技術って一生使えますし、一度身につけたらなかなか廃れることってないですからね。

次の仕事をするときや転職したいときにも役に立ちます。

仕事をする意味ってそう言ったとこにもあるんですね。

4.終わりに

ここまで色々な仕事をする意味や理由を述べて来ましたが、ほんの一部にすぎませんし、その意味とはそれぞれだと思います。

それでも仕事をするっていいうことにはそれなりの意味があることがわかりました。

zeroscandal

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする